熊本から始まるスタートアップは第10回!!!
福岡愛媛高知からも参加者が集った熱い熱い熊本の様子をお伝えします!!!

 

■概要

日時:2019/11/8(金)~10(日)
会場:未来会議室
参加人数:約40名
ファシリテーター:中本卓利
オーガナイザー:皆芳宅雅・小川開世・安田亮治・荒木愛・寺澤希・松本龍太・森田悠斗

 

【Day1】

今回の会場は未来会議室。まずは集った仲間とピザで仲良くなるところから始まります。


 

盛り上がった後は想いを伝えるアイデアピッチ!
そして投票を行い、共にスタートアップを始めるチーム作りへ!
今回は合計4チームがこの場で結成されました!

 

【Day2】

二日目は、実際に街に出てアンケートを取ったり、
製品を開発したり、様々なアクションが進みます。
そしてお昼過ぎにはコーチの皆様からフィードバック。
チームメンバーの思考が整理され、アイデア自体が変わるチームもあれば、
行き詰ってどうすればいいか分からないチームも。。。

 

<コーチの皆様(敬称略)>

長谷 怜紀(あまくさローカルラボ 代表)
末次 宏成(末次デザイン研究所 代表)
鶴 健一(株式会社STARTERS 代表取締役)

二日目もあっという間に夜が更け、早目に切り上げて明日の朝一で作業するチームと、
夜通し頑張るチームとでアクションが分かれ始めます。
中には朝3時にファミレスでようやくアイデアが白紙に戻り、
再出発を始めるチームもいたようです。

 

【Day3】

三日目は各チーム開始時間もバラバラ。
夜通し話し合っていたチームは流石に疲れたご様子。
美味しいお昼を食べて最後のブラッシュアップを。
時間に追われる中、課題の検証、ソリューションの構築、ビジネスモデルの設計を終え、
それぞれの想いを持って最終発表へ移ります。

 
 

そしていよいよ最終ピッチの開幕です。3名の審査員の前で発表します。

 
 

<審査員の皆様(敬称略)>

石橋 孝太郎(Local Local株式会社 代表取締役)
渡辺 麗斗(株式会社ドーガン・ベータ / 取締役パートナー)
浅川 浩二(メディアデザイン DELTA WORKS代表)

 

最終ピッチのトップバッターは「10分で行けるご飯が3分で決まるサービス」!
食べたい料理名から飲食店を検索できるありそうでなかったサービス。
プロトタイプのおかげで直感的にわかりやすいプレゼンでした!
https://d14rbky2n9c2ns.cloudfront.net/

 

次の発表は「お金の流れがわかる塾」!


日本の義務教育で「お金」について習わない今の現状に対する違和感から生まれたサービス。実際に小学生にプレ授業を行ってニーズの検証をしていました。

 

次の発表は「シェアおばあちゃんで待機児童をなくすサービス」!


「高齢者の孤独」という日本の大きな社会課題を正面から解決し、待機児童も解消出来るという時代性のあるサービスでした。

 

最後の発表は、

「知識の共有プラットフォームサービス」!
インプット過多のうだつが上がらないビジネスマンが、知識を手軽にアウトプットすることで、
知識を欲しがる誰かの役に立ち、自身の成長にもつながるというサービス。

 

【結果発表】

優勝は

「10分で行けるご飯が3分で決まるサービス」!

顧客開発・製品開発で高く評価され、優勝を飾りました。

その後、懇親会を経て熱い三日間は幕を閉じました。しかしここからがスタートです。
すでに次のスタートアップウィークエンドセブ島に申し込んだ方、
サービスをもっとブラッシュアップするために次の打ち合わせの日程を決めるチーム。
それぞれが次のステージへと走り出しています。

最後に、本会にお力添えをくださった皆様をご紹介させていただきます。

[スポンサー]

未来会議室様・株式会社STARTERS様・弥生株式会社様

[イベントページ]

https://swkumamoto.doorkeeper.jp/events/97231

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter