第5回StartupWeekend豊橋(以下、SW豊橋)は、初の豊橋技術科学大学での開催となりました。今回はコロナウイルスの第3波の中でしたが、特別に開催許可を頂けた豊橋技術科学大学での初開催により、SW豊橋過去最大の学生が集まり開催されました。

今回のSW豊橋が開催できましたことをStartup Weekend 豊橋実行委員会(以下、実行委員会)一同、心から感謝申し上げますとともに、本イベント開催結果を報告いたします。

【開催概要】

  • 日程
    2020年11月27日(金)~11月29日(日)
  • 会場
    • 【メイン会場】 国立大学法人 豊橋技術科学大学
    • 【サブ会場】 MUSASHi Innovation Lab CLUE
      (最終日発表をパブリックビューイング)

 

【開催レポート】

DAY1
33名の参加でスタート。会場は豊橋技科大のひばりラウンジ。コロナウイルス感染対策の説明から始まる。食事と会話を分離するため、会場横の食堂で弁当を喫食。食事後は会場に戻りハーフベイクド(アイスブレイク)。適当に上げたキーワードの中から2つを組み合わせて、新たなサービスを考えるゲームをチーム戦で行う。

全員が1分ずつアイデアピッチ。各人3票をそれらアイデアに対し投票。5票以上あるアイデアに基づいて7チームが設立。なお、この時点でボツになったアイデアでもチームメイトを3人以上集められれば復活してよいルールとなっている。

 

Day2
1日目に生まれた7チームで始動。10:00よりマツモトさんによるインプット。「検証のないアイデアは無価値。ピボット推奨、軸を変えずに変わることに怖がることは無い。検証状況に適応すること。仮説ー検証を繰り返すこと。仮説が正しくないことを知ることは仮説検証の成功。アイデアに固執しすぎず、最小限(MVP)になるまで削る、捨てる勇気を持つこと。足りない要素はあっていいので本質的な価値は何かを見つけること。例えばクルマを目指しながらタイヤを作るのではなく自転車を作れ。価値は歩くより早いことだから。」と、ファシリテーターよりスタートアップウィークエンドで目指すことを説明された。

そこから顧客となる飲食店等に移動して検証を始めるチームもあれば、課題設定で前に進まないチームも出ていた。午後からはコーチによるアドバイスが解禁されたが、積極的に助言を求めるチームは少なかったため、コーチがプッシュ型支援を実施。
結婚相談所のチームにメンバーの分裂があり、合計7チーム+チーム結成に至れない2名の状態に。

夜ごはんは、技科大にほど近い「花屋うどん」の豊橋名物カレーうどんを出前。食堂でGotoEat。

DAY3
朝、ファシリテーターマツモトさんのインプットより開始。「今は一番テンションが低いとき。あとは登るばかり」と発破をかけられ各チーム始動。2日目夜の時点で2名だったチームによる必死の誘いにより1名加わりめでたくチーム結成し、合計8チームとなる。

 

夕刻から最終ピッチ開始。コロナウイルス対策のため、見学者は会場入りで
きないため聴講者はサブ会場のCLUE、またはオンラインで参加。(下写真3枚目はCLUEの様子)

各チームとも雄弁にピッチ。革新的なアイデアに対し、審査員からもサービス実現化を求める声が上がる程だった。

審査を経て、ジャッジ鈴木様より「テクムズ賞」、寺嶋学長より「学長賞」、そして最優秀賞が発表された。通常だと最後にアフターパーティで盛り上がるのだが、コロナウイルス感染拡大に最大限配慮するため飲食は行わず各チームごとで反省会を行った。

苦しかったことからの解放感、54時間という疲労感が相まってすがすがしい表情の人が多かった。

【謝辞】

第5回Startup Weekend豊橋にご協力頂きました以下の皆様に、厚くお礼を申し上げます。

– ジャッジ(審査員)
株式会社テクムズ 代表取締役 鈴木 孝昌様
ジャフコグループ株式会社 シニアアソシエイト 中山 淳二様
株式会社PR TIMES 代表取締役社長 山口 拓己様
(特別審査員)国立大学法人 豊橋技術科学大学 学長 寺嶋 一彦様

– ファシリテーター(司会者)
株式会社クラッソーネ 執行役員CTO マツモトサトシ様

– コーチ
武蔵精密工業株式会社 上席執行役員 伊作 猛様
株式会社 Monozukuri Ventures代表取締役 牧野 成将様
株式会社コークッキング 取締役CPO 伊作 太一様
株式会社モリロボ 代表取締役 森 啓史様
スマートホールディングス株式会社 竹内 精治様

– 後援
■豊橋市
■豊橋商工会議所様
■株式会社サイエンス・クリエイト様

– 協賛(順不同)

– ゴールドスポンサー
■株式会社マップクエスト様
■トーヨーメタル株式会社様
■株式会社ワイエムジー様
■東レエンジニアリング株式会社様
■新東工業株式会社様
■スマートエンジニア株式会社様

– シルバースポンサー
■武蔵精密工業株式会社様
■オーエスジー株式会社様
■シンフォニアテクノロジー様

– ブロンズスポンサー
■ジャパン・トゥエンティワン株式会社様
■株式会社サーラコーポレーション様
■ヤマハちくわ株式会社様
■大三紙業株式会社様
■豊橋信用金庫様
■豊橋建設工業株式会社様
■株式会社サイエンス・クリエイト様
■三井住友銀行 豊橋支店様

– フードスポンサー
■有楽製菓株式会社様

– 全国スポンサー
■弥生株式会社様

– 会場スポンサー
■国立大学法人 豊橋技術科学大学様
■MUSASHi Innovation Lab CLUE様

 

【おわりに】

今回、豊橋技術科学大学、ならびに、武蔵精密株式会社MUSASHi Innovation lab CLUEの協力無くしては、会場の確保、スポンサー様の獲得、そして参加者募集の呼びかけ等、すべて難しかったと言わざるを得ません。にもかかわらずこのような充実した開催となったこと、この場を借りてお礼申し上げます。
– 最後に、今回結成したチームの中から第2、第3のモグジョブが生まれてくる可能性を実感しています。また、次回開催に向けて地域の産業支援機関、金融機関、教育機関等からの協力を得ながら、ここ東三河において意欲的な起業が生まれる一助となるべく、今後も活動を進めてまいりたいと存じます!

第5回Startup Weekend豊橋リードオーガナイザー 飯嶋

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter