2018年5月3日〜5日、Startup Weekend Tottori @隼Lab. が開催されました。参加者は合計28名。鳥取県内で初のStartup Weekend となった今回、大いに熱気溢れる3日間となりました。

概要

日  時:2018年05月3日(木)~5日(土)
場  所:隼Lab. 
テーマ:ノンテーマ
ファシリテーター:中本 卓利
リードオーガナイザー:竹内 淳子

 

今回の会場は鳥取県八頭町の旧隼小学校をリノベーションした隼Lab. のこワーキングスペースを貸切りで開催させていただきました。

 

Day1(チームビルディング)

この場に集うメンバーはお互い初対面同士。まずは懇親会で緊張を解していきます。軽くアイスブレイクを行った後、実現したいアイディアを1人1分で発表します。

発表されたアイディアは投票により多くの共感を得たものが残りました。

その結果、残ったチームは5チーム!

 

チーム名:ファーシャル

チーム名:アイノル

チーム名:Blue Noble

 

チーム名:グローバル

 

チーム名:夜の学校

 

 

Day2(コーチによるメンタリング)

Day2では、1日目に作ったチームでビジネスプランを考え、実際に使ってもらえるのか、顧客検証を行っていきます。

キーワードは、”No Talk, All Action!”

ミーティングルームでの議論に意味はなく、フィールドに出て実際にお客さんの声を集めることでビジネスプランを検証し、改善していきます。

午後からは以下のコーチ(順不同・敬称略)によるメンタリングが行われました。

  • 坂本 哲
    株式会社アクシス 代表取締役社長、株式会社アクシスエンジニアリング・株式会社アフェクト 代表取締役、株式会社シーセブンハヤブサ・AXIS SOFTWARE DEVELOPMENT PHILIPPINES, INC. 取締役
  • 古田 琢也
    株式会社トリクミ 代表取締役社長/クリエイティブディレクター、株式会社シーセブンハヤブサ 代表取締役社長CEO
  • 髙林 努
    株式会社ダブルノット 代表取締役
  • 松本 恒彦
    株式会社SQ 代表取締役

コーチのメンタリングを経て、夜な夜なビジネスのスクラップ&ビルドを繰り返します。

Day3(チームごとのピッチ)

最終日の3日目は、残り時間との勝負!

泣いても笑ってもピッチまでの時間は数時間。時間との戦いの中でビジネスプランやピッチのブラッシュアップを行い、最後の5分間ピッチへと向かいました。

審査員は以下の方々(順不同・敬称略・役職は開催当時)に務めていただきました。

  • 木原 真
    株式会社SIエージェンシー 代表取締役社長
  • 神戸 貴子
    N.K.C.ナーシングコアコーポレーション合同会社 代表
  • 入江 到
    株式会社鳥取銀行 執行役員 ふるさと振興本部長

アツいピッチの結果、優勝を勝ち得たのは「ファーシャル」チーム!おめでとうございます。

最後は懇親会にて、健闘を称え合うとともに鳥取初開催のStartup Weekendに関わったメンバーでのネットワーキングののち終了。

 

今後も鳥取でのスタートアップコミュニティが発展を続けますように。

お世話になりましたスポンサー、コーチ、ジャッジの皆さま、及び運営情報の詳細は下記をご参照ください。

https://swtottori.doorkeeper.jp/events/70728

 

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter